テキスト・エディタ

テキスト・エディタ、使っていますか?

 ホームページやブログの原稿、ワードやエクセルの原稿書き、メールソフトへの下書き
小説に書きや論文原稿、HTML言語入力にCSSスタイルシート、php言語でのプログラミングにJava言語やC言語などなど
 テキストエディタが果たせる役割は、多大なものがあります。

 確かにウィンドゥパソコンには、初期装備としてメモ帳やワードパッドが付いていますが、比較にならない位、使いやすいのがテキスト・エディタです。

 しかもシェアウェアとして販売されているものと、料金がかからないフリーソフトとの性能差が大変少なく
上手にツールを組み合わせると、シェアウェアを凌駕してしまうソフトも存在しているくらいです。

 そこで、テキストエディタの選択基準には色々あると思いますが、最低限クリアしておきたい条件があります。

  •   幅広い文字コードが使える事
  •   入力補助がしっかりしている。
  •   プラウザに対応出来る
  •   動作が軽快で、起動時に待たなくて済む。
  •   特定の言語に特化して使いやすい部分がある。
  •   オールマイティに各言語に対応している。
  •   ウィンドウズでは、OSを選ばず起動してしまう。
  •   (XPでは使えるが、VISTAでは使えないなどは除外)


 以上の条件などをクリアして、フリーでありながらも、シェアウェアに負けない性能を持つテキストエディタを選択してご紹介しておこうと考えたわけです。

  なぜそんな事を思いついたのか?

 理由としては、

  •  他のサイトを運営していた時に、あまりにもエディタに関係するページ検索が多かった。
  • 単に紹介しているサイトは多いが、もっと使い方やツールの設定、ツールの選択などに言及しているサイトが意外と少なかった事
  •  1つのテキストエディタに関係するサイトは多く存在しているが、色々なエディタを比較しているサイトが少なかった事


 以上の事から、このサイトを立ち上げておこうと考えたわけです。

 ワードの下書き位にしかテキスト・エディタを使わない人には、あまりテキスト・エディタというソフトは評価されないかもしれません。


 しかし、Web プログラミングを行っている、またはホームページの管理を行っている人にとってみたら、このテキスト・エディタというソフトの存在が無くては、管理やプログラミングどころの騒ぎではなくなってしまう状態だと思います。

PC付属のメモ帳やワードパットでは、役不足なのです。

まず、PCのアクセサリーに付属しているメモ帳やワードパッドでは、
出来る事が限られている!という事を知る必要があります。

マイクロソフトのワードというソフトは
リッチテキスト・エディタと言われていますが、
これは、フォントの大きさを行ごとに変更出来たり、
フォントの色を変えたり、基本的にはワープロと同じソフトなのです。

一般的に、ワープロの機能を落としたものが
メモ帳やワードパットと言われるソフトである!と言えるでしょう。

 しかしテキスト・エディタは、これらのメモ帳やワードパットには無い機能を
何もツール設定をしていないにも関わらず、備えているソフトが多数存在します。