tpti004を使ってタグ入力を行う

 tpti004を使って、htmlタグを入力させる例を 下にご紹介しておきます。

 あくまでも一つの例ですので、これがスクリプト言語をメインで使う人は その言語をdeta.txtに記載しておけばいいわけですし、
 もちろん日本語定型文をいれて、会社の事務的な仕事を楽に・・
といった使い方でも便利です。

terapad起動画面

 とりあえず、Tera Padを起動させます

tptiでタグ入力
マウスで選択すると、タグの入力ができてしまいます。

 ツール設定が終わっていたら、tptiを起動させます。

 この時、最初はどのデーターが、どのキーに対応しているのか

 スグには判らないと思いますので、マウスでクリックしてみてください。

テキストを入力します
文章を挟みこむ前に、必要なテキストを入力します

 次は、文章をタグで挟みこみたいと思います。

 

 必要なテキストを、入力して下さい。

 この時、日本語文章でも、スクリプトでも何でも構いません。

文章を選択します
文章を選択します

  文章入力が終わったら、マウスを使って挟みたい文章をクリックします。

pタグ入力
Pのキーを押してみます

 文書をクリックした後に、tptiを起動させて

 

 入れたいタグをクリックして下さい。

 

 キーとタグの関連性を把握している場合は、横に記載されている

 

 キーを押すだけで、文章をタグで挟めます。

Pタグで挟みこみが完成しました
Pタグで挟みこみが完成

  御覧のように、pタグで挟む事が出来ています。

 

 非常に簡単に、扱う事が出来ますので、とても便利なツールになっています。