簡単なHTMLタグはキーマクロファイルを利用すると便利

 HTMLの入力の際に、HTML Compを利用するだけでも良いのですが、キーバインドの部分を考えますと、やはり極力Windowsで利用しているキーバインドからズレてしまうことは避けたいですよね。

そこでどういった方法が良いのか?という部分を考えますと、他のHTMLエディタで使用しているキーバインドを利用して、ショートカットキーでHTMLタグの入力が出来ると便利です。

HTMLタグの入力前に、キーマクロを登録するキーを押します。
私の場合はデフォルトのキーを変更して、キーバインドをCtrl + F1 キーで設定して行なっているのですが、手順としては

  1. キーマクロ登録を行う
  2. キーマクロをファイル登録を行う
  3. 登録したキーマクロを、ツール登録する
  4. ツール登録したマクロに、ショートカットキーを割り当てる

 Vx Editorのツール登録に関しては、ほぼ制限が無いという状態ですので、自分で登録したHTMLキーマクロを、例えばツール2などにマトメテしまって整理しておきます。

少し複雑なHTMLタグに関しては、HTML Compを利用すればいいのですが、P UL OL DL EM STRONG Blockquote などをキーマクロに登録して利用しているような状態です。これが大変便利な機能だと思うわけです。

 日本語文章を先に記載している場合ですと、HHTML Compを利用すればいいのですが、
HTMLタグ入力をしつつ、文章を記載しているような状態ですと、キーマクロを併用して記載しますと普通のHTMLエディタ並、HTMLタグの理解のある方なら下手なHTMLエディタ以上の能力でファイルの作成が行えると思います。