文字コードがS-JIFならTTT がお奨め

TTT Editor
TTT Editor

 既に開発も終わり、なんと開発者の方のホームページが閉鎖されて久しいのですが、
TTT EditortというHTMLエディタの力には驚かされてしまいます。

 プラウザの対応も、他のHTMLエディタが対応出来ていない最新のIE8で確認が出来、OSもなんと95からVISTAまで対応しており、ウィンドゥPCなら問題なく動作する基本性能があります。

 しかし文字コードUTF-8が使えない、XHTMLモードにならないといった問題があり、現在のサイト構築事情にはそぐわない面があるため、“使わない”または“お蔵入り”にしている方も多いのでは無いでしょうか?

 

       侮れない基本性能


 まずこのTTT Editorが持つ基本性能を知る必要があります。

対応出来るOS
Win95・98・NT・2000・XP・VISTAが入っているPCで、問題なく使えます
使用文字コード
文字コードはSHIFT-JIS、JIS、EUCで相互変換できます(UTF-8には対応していない)
カスタマイズ性の高いショートカットキー
初期設定のデフォルト以外で、各タグへの対応・ファイル操作などカスタマイズを行う場合、対応度の幅が広い。
ツールバー
メニュー下の、ツールバー表示のカスタマイズにも対応しており、使わないアイコンを隠す事も可能

 その他にも、珍しいタグ除去機能があったり、大文字でもアイコンへのクリックやショートカットキーでのタグ入力、小文字操作でのタグ入力補助機能など、HTMLエディタとして必要な基本能力のほぼ全てがあります。
 出来ないのはWYSIWYG編集だけと言えるでしょう。
 正確なタグ知識を持つ人にとっては、WYSIWYG機能はかえって足を引っ張る事になりがちなのは言うまでもありませんが。


         広範囲のOSに対応出来るTTT Editor

 

 大抵のHTMLエディタの殆んどが、対応OSがXPまでだったり、XP・VISTAに対応していても古い95・98やWin2000には対応できなかったりしているのが普通です。

 しかし、このTTT Editorに関しては、開発が停止しているにも関わらず95からVISTAまで対応できているという、驚くべき対応度があります。
 このOSを選ばずに動作するという強みと、起動時の速さ、使用中の安定感は特筆すべき性能になると、筆者は考えています。

 この対応度は、テキスト・エディタの代表でもあるTera Pad並みの対応度ではないでしょうか?

 OSが違っていても、全く問題なく使用出来るという事は、
USBメモリーに入れて持ち歩くといった、活用方法も生きてくる使い方になります。

 こんな使い方は、シェアウェア・ソフトであるホームページビルダーや、ドリームウェーバーにでは、
行いにくい事になりますので、フリーソフトの強みを生かして使う事になるわけです。

 

        安定感抜群の使用感


 OSの使用範囲に加え、驚きの安定感も、その特性に加えられます。

 筆者は、長時間エディタを使用する事が多いのですが、午前中いっぱいTTT Editorを使用しても
全く“ダレ”る事などなく、安定した使用感で使うことができます。
時には使用中にファイルが飛んでしまい、せっかく制作したファイルを紛失してしまう
エディタが存在している中にあって、この安定感は魅力です。

 筆者は他のHTMLエディタを使用している時に、ファイルを開いただけで紛失してしまった事があります。

 どのHTMLエディタとは言いにくいのですが、Vectorのユーザーインプレなどを読んでみると、大体わかると思います。