ショートカットキーを使おう

ショートカット・キーを使おう

 タグ入力を行う時にTTT Editorでは

  • トップ・メニューに記載してあるアイコンをクリック
  • 小文字でのタグ入力を行う
  • ショートカット・キーでタグ入力を行う

 これらの3つの選択があります。

 

        それぞれのメリットについて

アイコンをクリック
マウスでカーソルを動かし、画面上のメニューにあるアイコンをクリックするだけで、タグの入力が行えます。
特にタグの理解度が低く、キーボード操作に不慣れな初心者の人に向いている操作です。
小文字での入力
はじめに、サイト内のテキスト文章を作り、その文章に合わせてタグを入力する場合に向いているでしょう。
ショートカット・キーの使用
タグと、サイト内文章を同時に入れて、サイトを構築する場合などは、無いと逆に困ってしまいます。

     これらショートカットキーの一例をあげておきます

 

 

           ショートカットキー例一覧

 

   タグ ショートカットキー      タグ ショートカットキー
   <p>  (段落) Ctrl+Enter  <br /> (強制改行) Shift+Enter
   <em>  (強調) Ctrl+E  <strong>(もっと強調) Ctrl+S
   <ul>  (箇条書き) Ctrl+U  <li> (項目) Ctrl+L
   <ol> (番号リスト) Ctrl+O  <dl> (定義リスト) Ctrl+D
   <dt> (定義項目) Ctrl+Alt+T  <dd> (定義説明) Ctrl+Alt+D
  <table> (表) Ctrl+T  <tr> (表の行) Ctrl+R
   <th> (表見出し) Shift+H  <td> (表のセル) Shift+D
  <caption>(表題) Ctrl+C   &  (アンバサンド) Ctrl+6


 ちなみに、全て設定は自分で行う必要があります。


  TTT Editorは、初期段階ではこれらのキー設定は行われていません。

 

 上の一覧は、あくまでも目安になりますので、自分が使いやすいキー設定にして下さい。