有りそうで無いのが日本語入力補完のしやすいエディタ

 日本語入力の補助ですね、例えば定型文一発入力や、難しい専門用語や、漢字のよみがな付き文章、古典文の文字など、探してみても以外に見つからないのが、この日本語入力補完機能が充実しているエディタになるのではないか?と思います。

 理由は、日本語という文字は通常日本人ならば、造作なく入力していると

IMEを作成しているメーカでは考えているわけですが、世界で一番複雑な言語を使い倒している私達日本人は、以外にも日本語入力の充実度は求めていない傾向にあります。

 一般の人であれば、マイクロソフト製のPC購入時にそのまま付いているIMEを使用するのか?グーグルから出ている日本語入力を使うのか、そのどちらにもメリット・デメリットがあります。

使いやすいが、手書きがバカなグーグルIME

 最近何かと話題を提供してくれているGoogleですが、この会社が提供している日本語入力には、補完文字が出てきて、それをTABキーで選択して入力してしますという機能が付属しているため、通常の入力ではわりと苦労せずに使えたりするのですが、致命的な欠点があります。

 

 現代語などの文字に関しては強いのですが、旧字体や、字画の多い文字、または少し難しい漢字入力の際に、文字が見つからないからと手書き認識させようとした場合、まったく文字候補が出てこない、または見当違いの文字ばかり出てしまい、たった一文字で詰まることがあるわけです。

 ここだけは、改善の余地が非常にあると思うのですが、こんな事を感じているのは、筆者だけなのかもしれませんね。

手書きはまだマシだが、通常使うにはキビシイマイクロソフトIME

一方マイクロソフトIMEの場合ですが、こちらは手書き文字に関しての認識は優れている方だと思いますが、いかんせん通常使用時ですと、文字もすべてを入力していかなければいかず、効率という点で考えると、どうしてもタイピングに相当な自信がある人以外は、使いにくさが目立つ傾向にあるわけです。

 それに自分でカスタマイズした辞書を作成しておきませんと、デフォルトの状態では狙った文字が出てこないという、堂々巡りに陥るわけです。

 慣れてしまえばいのですが、慣れていくまでの期間はどうでしょうか?

時には、文字入力が多い人ほど、指関節の腱鞘炎を誘発してしまうこともあるわけです。

 

 両方の機能が合体すればいいのですが、中々そうも言っていられないのかもしれません。

またマイクロソフトIMEの方が、メモリー消費が少ないため、Googlemに比べますと、低スペックのPCでもストレスなく使えるというメリットはあるのですが、少々付かれてしまいます。