隠れた名器 mana (真魚)

 ここでmanaというエディタをご紹介しておきましょう。
一般的に、日本でメインエンジンとして使われている、
T Editorコンポーネンツを使用していない、稀有なエディタになります。

真魚エディタのファイル群

構成ファイルを見て頂ければ判るのですが、
非常に少ないファイル群で構成されていて、しかも一般的なヘルプファイルには
詳しい使い方などは記載されておりません。

そこで、イザ!インストールしたはいいが、使い方に迷ってしまう人も
もしかしたら出てくる事があるかもしれないわけです。

 筆者も、まだメモ帳から脱却したばかりで、Tera Padのみを使っていた時などは
どうやって使っていけばいいのか、少し悩んだ時期もありました。

真魚エディタのメニュー

 既定のプログラムという項目が、特殊メニュー項目の一番上に表示されていますが

   実はこれが、あなたのPCでいつも使っている、インターネット用のプラウザを

  指定している項目になるわけです。

 

 つまり、IEを日常的に使っている人ならば、IEでHTMLファイルを確認出来

   Fire FOXを使っている人ならば、Fire FOXで、ファイルの確認が行えるという仕組みです

真魚は、外部ツールを多数使う事が出来るエディタです

外部ツールを使用する時には?

HTMLなどのマークアップ言語を入力して、htmlファイルをプラウザで確認するには
少々役不足なエディタなのでは?という疑問があったのです、
 しかしこの真魚エディタの特徴とも言えるのですが、
メニューの(特殊)に相当している項目の中で、
別のソフトで開く(W)の項目から、インストールしているプラウザ
(IEでもSafariでもFire FOXやGoogle Chromeに至るまで)
拡張子が(.exe)のソフトであるならば、

 

 現在操作しているファイルを
渡して確認する事が出来ますので、htmlファイルの確認に欠かせない
プラウザでの確認が簡単に行える事が出来ます。

 しかも、対応していないプラウザが無い!という状態ですので、
IEでの見栄えを確認して、FireFOXやSafariでの表示に狂いはないか?
とか、補助ツールを起動させて、ファイルの作成に役立てたりする事も
簡単に行える事が出来ます。